木づくりの家

木づくりの家 「自然素材へのこだわり」

日本の家

古くから日本は木と紙の文化の国と云われています。
その代表的な物に障子があり、木で作られた枠の紙を貼る事で適度な遮光性と採光を得ることができ、紙が持つ吸湿性により室内の湿気が緩和させるなど、古来より木と紙は日本人と日本の住環境に於いて深い関係でした。何故ならば、この国には身近に森があり林があり、そこには沢山の木があります、当然、木を材料として紙を作り、建物を作る際に木が用いられた事は必然であり自然の流れだった事と理解出来ます。そして木と紙を使った家づくりの方法は永い歳月の中で、地域毎に多種多様な建築様式が生まれました。四季があり高温多湿地域で、時として大きな地震もあるそんな環境にあった家づくりが地域毎に行われてきました。

雪国の家

たとえば、東北の雪深い山奥の家と盆地で夏は蒸暑い京都では家の持つ機能性や外観に大きな違いがあるように、住む人が快適に暮らせるための家づくりを匠達が永年に渡って研究し伝えて広めてきました。
そして多種多様に生まれた建築様式同様に家の材料である木材も研究され、木が本来持つ調湿作用や軽さ・強度等、適所適材の工夫がなされてきたのです。しかし現在では北から南の端まで同じ建築様式の家が立ち並び、それらの住宅に使われる多くの木材が接着剤を使用して形成させた柱や壁材を使用した住宅であり、木材が本来持つ有益性より建築原価、材料費が優先され、その地域にしかない特有の様式を示す家は少なくなりました。

日本の家

また、現在の社会状況や経済状況からお客様側が施工側に求める優先順位が質よりも価格(コスト)優先となり、安い材料を使い低価格な施工を求めるお客様が多くなった事は否めません。結果、施工側も注文を頂けくために価格を抑えた材料や工法を最優先にし、作り手としての拘りは後回しにする原状だと感じています。それは当社でも同様で、それらの事を否定する事は出来ません。
しかし、コスト優先の家づくりを否定はしませんが「住む人を中心とした家づくり」が少しづつですが要求されている時代が来てるのではないかと志水木材は強く感じます。

日本の家

たとえばエンピツの削り口を匂いを嗅いだ事はないでしょか?
何故か不思議と落ち着く感じがするものです。
これには、鉛筆の材料となるエンピツビャクシンという木材が出す香りの成分に鎮静作用があることが原因との説があります。住宅に使われる木材にも、住んでいる人を心地良くさせるものがあります。よく聞く物ではスギが有名です。スギの香りは人をリラックス状態に導くことが研究の結果が出ています。
実験では、スギのにおいを嗅いでから血圧等をを測るもので、人がリラックス状態にあると血圧が下がる事からスギの臭いと体の変化を計測しました。

杉の鎮静効果

杉の香りによる癒し効果
スギ材やヒバ材など木材の香りを嗅ぐと、脳血流量が沈静化して、「怒り」「緊張」「疲労」「仰鬱」の感情が減少することが明らかになっています。また、木材の精油成分は、悪臭やホルムアルデヒドを40%~80%除去することもわかっています。
さらに、防カビ・防ダニ効果もあり、木の家は健康で快適な住空間を創出します。

その実験の結果ではスギの臭いを嗅いだ人は皆、血圧が下る結果がでました。
木造住宅には、他の工法で作られた住宅とは異なり、木材が発散する香りにより住む方がリラックスをし、落ち着く感じを得られる効果があります。
志水木材では、この木の持つ自然作用を効果的に活用した住まいのご提案をしております。